その理由は、災害時の通信インフラ整備と、過酷な環境下での通信の見直しからきています。

インフラ整備は主に、BCP(事業継続計画)対策で、災害発生時の被害を最小限に抑え、迅速なリカバリーを可能にする目的と、顧客やパートナーに対して企業の信頼性を高める大きな効果があるため、需要が高まっています。

通信の見直しは主に、危険場な作業現場や、海上、山岳、離島、などで利用されている連絡手段です。
具体的には、建設工事現場、発電所、山岳ホテル、漁船など。

その他にも、登山やマリンレジャーなどが流行り、その需要が高まっています。

※2024年4月から法改正により、船舶には安全のために確実な通信手段を備えることが義務付けられたことにより更に需要が高まっています。そのため、法人はもちろん、個人でも契約が可能なプランをご案内しております。

衛星携帯電話の導入先に共通する理由の中に、災害時に携帯電話や固定電話が繋がらなくなった時の通信手段の確保いうものが存在します。

なぜ、災害時に衛星携帯電話が必要とされているのか、その理由を解説いたします。

携帯・固定電話から
携帯・固定電話の場合


  • 発信者が電話をかける。
  • 携帯電話から最寄りの基地局に信号が送信される。
  • 基地局が信号を受信し、交換局に送信する。
  • 交換局が信号をルーティングする。
  • ネットワークを経由して信号が受信側の基地局に送信される。
  • 受信側の基地局が信号を受信し、受信者の携帯電話に送信する。
  • 受信者の携帯電話が信号を受信し、呼び出し音が鳴る。
  • 受信者が通話に応答すると、通信が確立され、通話が開始される。

1.停電する

停電(ていでん):通話する時に必要な交換機、基地局の電源が絶たれる。

2.断線する

断線(だんせん):電線・電話線・ネット回線など、災害で設備が壊れる。

3.輻輳する

輻輳(ふくそう):安否確認など一斉に電話が殺到し、回線が混雑する。

1つでも起きると
繋がらない 

衛星携帯電話から
携帯・固定電話の場合

  • ユーザーが衛星電話から発信。
  • 信号が衛星に送信される。
  • 衛星が信号を中継する。
  • 信号が地上局に送信される。
  • 地上局が通常の電話ネットワークに信号を接続。
  • 通話相手が信号を受信し、通話が開始される。

1.停電

停電(ていでん):基地局は、宇宙の通信衛星と海外設備を利用しているため、停電していても影響されません。

2.断線

断線(だんせん):設備が国外に設置されているので、国内災害で設備が破壊されても影響されません。

3.輻輳

輻輳(ふくそう):世界最大の通信チャネル数、回線が込み合わないように対策済。国内の基地局とは関係ないため影響されません。


ガバレッジ マップ

赤道上空36,000㎞にある静止衛星と通信。
極地を除く全世界でご使用できます。

利用制限エリアにいて

GPSのロケーションデータとテキストを事前に設定された緊急番号に送信できる「支援ボタン」搭載。

アンテナを折りたたんだ状態でも着信可能。高音質で通話が途切れにくい。

ショートメッセージ、ボイスメール、テキスト、電子メールメッセージに対応。

バッテリー寿命が長く、連続通話時間は8時間待機時間は最大160時間。

耐衝撃性を示すIP65やIK04に準拠した堅牢な設計。

位置情報を送信できる「トラッキング」機能。

安心安全
技適マーク

技術基準適合証明。
総務省令により認定済。

■技適マークとは
技適マーク(技術基準適合証明)は、日本の電子機器や通信機器に関する規制を満たす製品に付けられるマーク。技適マークは、電波法や電波法施行規則に基づいて設定されており、これらの法律に従って製品が技術基準を適切に満たしていることを示すものである。

■技適マークが無い場合
技適マークが無い製品を販売したり、使用したりすることは、電波法に違反する行為と見なされ、罰金や製品の没収、刑事訴追などの法的制裁が課せられることがある。もちろん、船舶などで行われる検査にも、この技適マークが無い場合は不合格となる。

災害対策

導入事例その1

自治体や災害対策機関が災害時の通信手段としてIsatPhone2が導入されています。地震や台風などの自然災害時に、地上の通信インフラが破壊された場合でも、衛星電話によって連絡を取ることが主な目的。

遠隔地のプロジェクト

導入事例その2

採掘や建設業者が遠隔地でのプロジェクトで使用されています。インフラが整っていない地域や、通信が不安定な場所でも、安定した通信手段を確保するためにIsatPhone2が導入されています。

海洋業務

導入事例その3

漁業者や海洋研究者が洋上での通信手段として利用。海上では通常の携帯電話の電波が届かないため、衛星電話が必要とされています。それに加え、法改正により、船舶には安全のために確実な通信手段を備えることが義務付けらたため、IsatPhone2が続々と導入されています。

探検・冒険活動

導入事例その4

登山家や冒険家が山岳地帯や極地での安全確保のために使用。緊急時に救援を要請したり、状況報告を行ったりするために必要とされています。特に耐久性が求められているためIsatPhone2が人気となっています。

軍事・防衛用途

導入事例その5

軍隊や防衛機関が作戦地域での通信手段として使用。特に、戦闘地域や通信インフラが限られている地域での作戦時に使用するために導入されています。更に、耐久性も評価されていためIsatPhone2が選ばれています。


IsatPhone2
PV

IsatPhone2
購入型の料金




【端末価格】
¥159,800+税
【初期手数料】
¥6,000+税
【月額使用料】
¥7,500
【通話料】
無料通話超過分
※法人名義のみ契約可

ご安心ください。法人名義・個人名義どちらでも契約が可能なプリペイド型・レンタル型のご案内も可能です。

2024年4月から法改正により、船舶には安全のために確実な通信手段を備えることが義務付けられたことにより、個人でも契約が可能なプリペイド型・レンタル型の需要が更に高まっています。

ご安心ください。法人名義・個人名義どちらでも契約が可能なプリペイド型・レンタル型のご案内も可能です。

2024年4月から法改正により、船舶には安全のために確実な通信手段を備えることが義務付けられたことにより、個人でも契約が可能なプリペイド型・レンタル型の需要が更に高まっています。




【端末価格】
¥159,800+税
【初期手数料】
¥38,200+税
【月額使用料】
¥7,500
【通話料】
無料通話超過分
※個人名義での契約可

【プラン】
※1年分まとめ払いのみ
※1年更新プランのみ
 

【初年度の料金】
端末料+初期手数料+月額料12ヶ月分
【2年目以降の料金】
更新手数料+月額料12ヶ月分
 


 
多くのお客様がどの衛星電話を選んだら良いかお悩みになる中、弊社は皆様のご期待に応えるために、衛星電話の中でも人気の高いInmarsat IsatPhone2をニーズに合わせて2つのプランでご提供しております。

法人専用プランはもちろんのこと、個人名義でも契約が可能な個人プランをご用意。

どちらのプランも自信を持った内容でご案内しております。

個人名義で衛星電話を契約できるショップがほぼ無いのが現状です。

まれに個人でも購入できるショップを見かけることもあるのですが、端末の価格が30万円以上(通信費は別)で販売されていたり、Amazonで端末の価格が相場に近い価格で販売されていますが、国内使用時に必要な技適マークがない並行輸入品だったりと、法律に違反してしまうものばかりです。
 

せっかく高い費用を支払って購入したのにもかかわらず、あらゆる理由で衛星電話が使えなかった。
 
なんてことにはならないよう、何か少しでも気になることや、相談してみたいことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

インマルサット衛星電話は、インマルサット社が提供するグローバル衛星携帯電話サービスです。赤道上空約3万6,000kmの静止軌道上の通信衛星を利用し、音声通話やショートメッセージ(SMS)が利用できます。

日本デジコムやKDDI、NTTコミュニケーションズなどがサービスを提供しています。

はい、弊社は現在も受け付けております。

現在、個人名義で契約ができる衛星電話(プリペイド式を含む)は、2024年5月以降どのキャリア、代理店も販売を終了しております。

その理由として、メーカーからの販売条件が非常に厳しくなったというのと、個人契約の場合、料金の未払いなどのリスクが高くなり、その結果、採算が合わなくなってしまうためです。

しかし、個人で契約をしたいという声が非常に多いため、弊社は個人契約プランの販売を継続しております。

個人契約は年間契約のみのご案内となりますが、年間でお支払いいただく金額は法人契約と殆ど変わらないので、多くのお客様からご注文をいただいております。

何かわからないことや相談などがありましたら、お気軽にお問合せください。

・銀行振込は一括のみのお支払いをお願いしております。

・クレジットカードのみ分割払いが可能となっております。
(一括決済後にカード会社へ連絡していただくことで、ご希望のお支払い回数に変更することが可能です。決済前にカード会社に確認することをおすすめします。)

赤道上空36,000㎞にある静止衛星と通信。
アメリカ大陸をのぞくエリアで利用可能。
※詳細はコチラをご覧ください。
ご不明点などありましたらお気軽にお問い合わせください。

・お問い合わせ

・見積確認・ご検討

・端末注文・利用申込書作成

・お支払方法の確認(銀行振込またはクレジット決済)

・端末および回線手配(約1~2週間)

・納品

海上ではどこでもご利用が可能です。

こちらの衛星電話は、赤道上空36,000㎞にある静止衛星と通信しているため、日本で使用する場合は、F1号機のある南方向・仰角30°にアンテナを向けます。

衛星電話は、地上の通信インフラに依存せずに通信を行うため、遠隔地や災害時などでも利用できる通信手段で、その仕組みは以下のように動作します。

  1. ユーザー端末:衛星電話は通常の携帯電話のように見えますが、地上の基地局ではなく衛星と直接通信します。
  2. 送信:ユーザーが衛星電話から電話をかけると、その信号は空中に送信されます。信号は地上の基地局ではなく、地球の軌道上にある通信衛星に向けられます。
  3. 衛星中継:通信衛星は、地球の上空から信号を受信し、中継します。これにより、地球のほぼ全域をカバーできます。
  4. 地上ステーション:衛星からの信号は、地上の制御ステーション(ゲートウェイ)に送信されます。このステーションは、衛星からの信号を受信し、地上の通信ネットワークに接続します。
  5. 受信:地上ステーションを通じて、信号は目的地の電話番号に転送されます。これにより、通常の電話回線や他の衛星電話に接続できます。
  6. 逆方向通信:受信者からの応答は、同じプロセスを逆に辿り、地上ステーションから衛星を経由して発信者の衛星電話に戻ります。

この仕組みにより、衛星電話は遠隔地やインフラが破壊された地域でも安定した通信を提供できます。

    必須 ご相談内容

    必須導入時期

    必須導入台数

    必須 使用目的

    必須法人/個人

    必須会社名/団体名

    任意部署名

    必須ご担当者/お名前

    任意住所

    必須電話番号

    必須メールアドレス

    必須お問い合わせ内容

    ご確認後チェックを入れて送信してください。

    個人情報の取り扱いについて

    会社概要

    会社名合同会社ビジネスデザインラボ
    (英文表記:Business Design Lab LLC)
    代表荒木 達哉
    所在地〒105-0013
    東京都港区浜松町2丁目2番15号
    浜松町ダイヤビル2F
    電話番号03-6675-1948
    E-mailspinfo@bdl-llc.jp
    HPhttps://bdl-llc.jp
    創業
    設立
    2017年5月23日
    2019年8月19日
    事業内容・衣類、家電製品、雑貨品等の製造及び販売(防災用品/通信機器/検査キットなど)
    ・防災コンサルティング業務
    ・各種マーケティングリサーチ業務
    ・インターネットを活用したプロモーション業務
    ・アマチュア無線/衛星電話などのアンテナ設置または撤去工事

    日本全国対応可能です!
    お気軽にご相談ください。


    北海道 / 青森県 / 岩手県 / 宮城県 / 秋田県 / 山形県 / 福島県 / 茨城県 / 栃木県 / 群馬県 / 埼玉県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県 / 新潟県 / 富山県 / 石川県 / 福井県 / 山梨県 / 長野県 / 岐阜県 / 静岡県 / 愛知県 / 三重県 / 滋賀県 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 奈良県 / 和歌山県 / 鳥取県 / 島根県 / 岡山県 / 広島県 / 山口県 / 徳島県 / 香川県 / 愛媛県 / 高知県 / 福岡県 / 佐賀県 / 長崎県 / 熊本県 / 大分県 / 宮崎県 / 鹿児島県 / 沖縄県

    プライバシーポリシー 
    ©Copyright 2022 Business Design Lab LLC All Rights Reserved.